top of page

特定技能とは

**日本の特定技能制度:外国人労働者への門戸**


日本は長らく外国人労働者の受け入れを制限してきましたが、2019年4月に特定技能制度が導入され、外国人労働者に日本での仕事の機会を提供しました。この制度は、外国人労働者の不足している職種に特別なスキルを持つ人々を受け入れることを目的としています。以下では、特定技能制度の詳細、申請手続き、特定技能の種類、そして将来の展望について説明します。


**特定技能制度とは**


特定技能制度は、外国人労働者が日本で働くためのビザを取得するための制度です。この制度に基づいて、外国人は日本で特定の職種に就くことができます。制度は2つの主要なカテゴリーに分かれています。


1. **特定技能1号**: 特定の職種において高度なスキルを持つ外国人労働者を受け入れるための制度。このカテゴリーには、看護師、建築関連の職種、製造業、情報技術、農業などが含まれます。


2. **特定技能2号**: 特定の職種において基本的なスキルを持つ外国人労働者を受け入れるための制度。このカテゴリーには、建設業、宿泊業、飲食業、介護職、清掃業などが含まれます。


**特定技能の申請手続き**


特定技能ビザを取得するためには、以下の手続きを経る必要があります。


1. **雇用契約**: 日本の雇用主と雇用契約を結びます。


2. **日本語能力試験**: 特定技能2号の申請者は、日本語能力試験(N4レベル)に合格する必要があります。


3. **技能試験**: 特定技能1号の申請者は、特定の職種に関する技能試験に合格する必要があります。


4. **ビザ申請**: 雇用契約と必要な試験の合格証明書を提出し、特定技能ビザを申請します。


**特定技能制度の展望**


特定技能制度は、日本の外国人労働者受け入れ政策の一環として導入されました。日本は急速に高齢化が進行しており、多くの産業分野で労働力不足が問題となっています。この制度は、外国人労働者の受け入れを増やし、経済の発展と国際競争力の向上に寄与することを期待しています。将来的には、特定技能制度が拡大し、より多くの外国人労働者が日本で働く機会を得るでしょう。


**まとめ**


特定技能制度は、外国人労働者に日本での仕事の機会を提供し、日本の経済と社会に貢献することを目的としています。この制度は、特定技能1号と特定技能2号の2つのカテゴリーに分かれ、それぞれの職種に応じたスキルと要件が設定されています。特定技能制度は、日本の労働力不足に対処し、国際的な多様性を受け入れながら、国の発展に貢献するための一環として重要な役割を果たしています。

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

技能実習生制度の問題点

技能実習生制度にはいくつかの問題点が指摘されており、以下にその主な問題点をいくつか挙げてみましょう。 1. **過酷な労働条件**: 一部の事業主や雇用主が技能実習生に対して過酷な労働条件を課しているという報告があります。長時間労働、低賃金、劣悪な労働環境などが問題とされています。技能実習生は労働者としての基本的な権利を保護されていないことがあるため、不公平な労働条件にさらされることがあります。

技能実習生制度

技能実習生制度は、日本で外国人労働者が特定の技術や技能を学び、習得するために設けられた制度です。この制度は、日本の産業における労働力不足を補うために導入されました。以下に、技能実習生制度に関する詳細を説明します。 技能実習生制度の主なポイント: 外国人労働者の受け入れ: 技能実習生制度は、日本に特定の技術や技能を学ぶために訪れる外国人労働者を受け入れることを目的としています。これにより、労働力不足

特定技能 フィリピン人材

パートナ会社: KAIZEN RECRUITMENT CONSULTANCY PTE LTD https://kaizenpoloconsulting.jp フィリピン人材の雇用をご検討中の企業様・監理団体様・登録支援機関様のパートナーとしてフィリピンは世界最大の労働力輸出国となっており、多くのフィリピン人材が海外での就労を希望しています。 海外就労を支えるのがフィリピンの送り出し機関となっており

Comments


bottom of page