top of page

永住権の推薦状は必須?

本日は永住権に関する推薦証が必須かどうかに関して話をしてみたいと思います。

ついでに永住権を要件を簡潔に纏めると以下の3点に要約できます。


1.素行が善良であること


2.独立の生計を営むに足りる資産

 又は技能を有すること


3.その者の永住が日本国の利益に合すること



結論から言うと推薦証必須ではありません。あくまで任意で提出するものにすぎません。

上の3点がクリアすれば推薦状は必要ありません。ではなぜ多くの行政書士の先生は推薦状を強く進めているのでしょうか。

それは推薦状も一つの証明として役割をするからです。

例えば申請人の人柄、独立の生計を営む上で必要な経済力を違う立場から証明できるからです。仮に提出書類が少し物足りなく、(保険証の領収書が2年分がない等)入国管理局でこの人に許可をあげるか上げないか迷ったりするとき、推薦状の中身により総合考慮し、結果が許可になる可能性が高くなります。私個人も永住権申請の依頼を受けたら少なくとも家族全員の推薦状をもらうように進めております。


皆さんも自分で申請する時は、推薦状は書くようにしたほうが良いかと思います。


閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

技能実習生制度の問題点

技能実習生制度にはいくつかの問題点が指摘されており、以下にその主な問題点をいくつか挙げてみましょう。 1. **過酷な労働条件**: 一部の事業主や雇用主が技能実習生に対して過酷な労働条件を課しているという報告があります。長時間労働、低賃金、劣悪な労働環境などが問題とされています。技能実習生は労働者としての基本的な権利を保護されていないことがあるため、不公平な労働条件にさらされることがあります。

技能実習生制度

技能実習生制度は、日本で外国人労働者が特定の技術や技能を学び、習得するために設けられた制度です。この制度は、日本の産業における労働力不足を補うために導入されました。以下に、技能実習生制度に関する詳細を説明します。 技能実習生制度の主なポイント: 外国人労働者の受け入れ: 技能実習生制度は、日本に特定の技術や技能を学ぶために訪れる外国人労働者を受け入れることを目的としています。これにより、労働力不足

特定技能とは

**日本の特定技能制度:外国人労働者への門戸** 日本は長らく外国人労働者の受け入れを制限してきましたが、2019年4月に特定技能制度が導入され、外国人労働者に日本での仕事の機会を提供しました。この制度は、外国人労働者の不足している職種に特別なスキルを持つ人々を受け入れることを目的としています。以下では、特定技能制度の詳細、申請手続き、特定技能の種類、そして将来の展望について説明します。 **特定

Comments


bottom of page