top of page

【専任技術者】10年以上の実務経験を証明するには

外国人建築会社の方から10年以上の実務経験で専任技術者の要件を満たせるにはどうすればいいかの問い合わせが良くあります。

結論から言いますと請求書控えと入金が確認できる通帳で証明するのが一般的です。

但し、証明するにかなり時間がかかります。

つまり、120月分の請求書と通帳での入金を確認することになります。

請求書に関してもうちょっと言いますとその請求書から工事の内訳が記載されているか工事の内訳に許可を受けようとしている業種に当てはまるか確認する必要があります。

10年分の契約書があればスムーズにクリアできますが、現実的には請求書と通帳で証明することが多いです。

簡単ですが、以上となります。建築許可を考えている外国人の方々も気になるところがあればお気軽にお問い合わせください。

閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示

技能実習生制度の問題点

技能実習生制度にはいくつかの問題点が指摘されており、以下にその主な問題点をいくつか挙げてみましょう。 1. **過酷な労働条件**: 一部の事業主や雇用主が技能実習生に対して過酷な労働条件を課しているという報告があります。長時間労働、低賃金、劣悪な労働環境などが問題とされています。技能実習生は労働者としての基本的な権利を保護されていないことがあるため、不公平な労働条件にさらされることがあります。

技能実習生制度

技能実習生制度は、日本で外国人労働者が特定の技術や技能を学び、習得するために設けられた制度です。この制度は、日本の産業における労働力不足を補うために導入されました。以下に、技能実習生制度に関する詳細を説明します。 技能実習生制度の主なポイント: 外国人労働者の受け入れ: 技能実習生制度は、日本に特定の技術や技能を学ぶために訪れる外国人労働者を受け入れることを目的としています。これにより、労働力不足

特定技能とは

**日本の特定技能制度:外国人労働者への門戸** 日本は長らく外国人労働者の受け入れを制限してきましたが、2019年4月に特定技能制度が導入され、外国人労働者に日本での仕事の機会を提供しました。この制度は、外国人労働者の不足している職種に特別なスキルを持つ人々を受け入れることを目的としています。以下では、特定技能制度の詳細、申請手続き、特定技能の種類、そして将来の展望について説明します。 **特定

Bình luận


bottom of page